We are creating it!

PCネタ、スマホネタ、デジモノネタ・・・色々やります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M購入

110715_xoom_top.jpg
思わずXOOM買ってしまいました。
たまたま立ち寄った電気屋で、Wi-Fi Walkerと抱合せで0円+ポイント10000円分。

ある種何かのめぐり合わせかと思い、購入してしまいました。


開梱してみましょう

110715_xoom01.jpg
ビニール袋に入っていました。
コレはお店が梱包したわけではなく・・・

110715_xoom02.jpg
Motorola印です。

国内の販売はauなので

110715_xoom03.jpg
au印もつくわけです。
しかし、国内で販売されているXOOMはWi-Fiモデルで、3G回線は付いてきませんので、あくまで販売代理店みたいな感じ。
それでも、箱にも本体にも、起動画面にもauのロゴ・・・

販売元がKDDIになっています。
110715_xoom04.jpg
その他、同梱物として、XOOM本体、ACアダプタ、取説等。
それだけです、microUSBケーブルも入っておりませんので、別途準備する必要があります。

箱を開けてご対面

110715_xoom05.jpg
流石10.1インチ、でかいです。
ギャラタブ以上の存在感。

本体の下には、取説などが入っております。
110715_xoom06.jpg 110715_xoom07.jpg
ACアダプタがちょっとでかいのが残念。
そして、USB経由では充電できないため、このACアダプタは必須です。
このあたりはちょっとスマートじゃない、残念。

外見を見てみましょう

110715_xoom08.jpg
色々並べてみた、上がXOOM、左下ギャラタブ、右下Xperia X10(SO-01B)
流石存在感が半端ない。

重さは721g。
110715_xoom09.jpg
公称約700gなので21gはその”約”なのでしょうか?
バラつき範囲内???

裏面はこんな感じ。
110715_xoom10.jpg 110715_xoom12.jpg
XOOMの特徴としては、裏面に電源ボタンがあること。
手に持って使う際は、ちょうど良い位置にあるため、便利。
だが、おいて使う際は、いちいち持ち上げなくてはいけないため不便。

Homeボタン等と違って、利用する回数は少ない(普通に使っていれば、スリープからの復帰と、スリープにするのみ)ので、コレは再度か表面に欲しかったところ。

そして、裏面にも光るauの文字。
110715_xoom11.jpg

購入後2週間の感想

据え置きで使うには、画面も大きく、ネットサーフィンしていて不満を感じることはないですね。
処理速度もTegra2プロセッサと、Android3.1の効果か、非常にサクサク動作します。

ただ、Honeycombになってから、今までのAndroidと比べると大幅に、UIが変わっているため、なれるまでは少し大変でした。
慣れれば、どうって事ない。

Homeの壮大な画面にWidgetも配置できますし、相当便利に使っております。


それでは、次はもう少し細かいところを見てみましょう。
関連記事

[ 2011/07/16 ] | XOOM | CM(0) | TB(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tfstdio.blog85.fc2.com/tb.php/40-0d5828d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twietter

ブロとも申請フォーム
プロフィール

T/F

Author:T/F
何かを作るという楽しみ、喜び。
そんなことを伝えていきたいと思います。

基本的にはデジタルガジェットネタと、気になった科学技術のニュースネタで更新します。

QRコード

QR

ブログ内検索

おすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。