We are creating it!

PCネタ、スマホネタ、デジモノネタ・・・色々やります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

BenQのイベントに参加してきました その2

161217_BenQ00.jpg
更新亀でごめんなさい、BenQさん。
というわけで、前回に引き続き、イベントレポート。

今回は、カラーマネージメントの重要性を、プロの方から説いていただきました。
非常にためになる、前回私のReviewが不完全だったということを、痛感させられる内容でした。

プロのお話を伺います

161217_BenQ01.jpg
Studio9の中原一雄さんから、お話を聞くことができました。
非常にわかりやすい内容のプレゼンで、大変勉強になりました。

161217_BenQ02.jpg
なお、中原さんってこんな方です。

いきなりですが
161217_BenQ03.jpg
最近だと、コンデジでも対応しているRAW。
RAWの色域が広いとは?

161217_BenQ04.jpg
画像を分析すると、こんな感じ。
sRGBだけでなく、AdobeRGBを凌駕する。
そして、一番外にあるSW2700PT、しっかりAdobeRGBをカバー。

161217_BenQ05.jpg
イメージ的には、AdobeRGBまでカバーしているか否かで、これぐらい違うようです。
深い青の向こうにあるグラデーションが見える!?

すなわち
161217_BenQ06.jpg
ということ。

プリントすると色が違う?
161217_BenQ07.jpg
そんな悩み。

それもまた。
161217_BenQ08.jpg
とばっさり。

161217_BenQ09.jpg
ここで、どうやって人間の目に色が届いているのか。
ディスプレイは、自身が発光しているので、ディスプレイが放った色そのものが目に届きます。
しかし、写真は、反射した光が、目に届く、つまり光源で色が変わる。
(余談ですがPixcelとDotの違いって、この違いだって昔大学の先生に聞いたような・・・)

なので調整しましょう
161217_BenQ10.jpg
というわけで、キャリブレーションしましょうと。
流れが非常にわかりやすい。

宝の持ち腐れ?
161217_BenQ11.jpg
いいカメラを持っていて、いい写真が取れても、ちゃんと表示できなければ意味がない。ってことですね。

161217_BenQ12.jpg
じゃあ、キャリブレーションできていればいいかというと、それだけではだめ。
元のデータの色を、正しく表示するには、キャリブレーションしたうえで、ICCプロファイルも必要。
ちなみに、私は以前Reviewした時にICCプロファイルの設定をしていませんでした・・・

キャリブレーションはどうやるの?
161217_BenQ13.jpg
キャリブレーションのやり方は主に2種類、ソフトウェアで行うか、ハードウェアで行うか。
ソフトウェアでやろうと思うと、絶対音感ならぬ、絶対色彩能力が必要。

なので
161217_BenQ14.jpg
こういう結論に・・・

キャリブレーションすればOK?
161217_BenQ15.jpg
しかし、Windowsだとちょっと落とし穴。
なんと、カラーマネージメントはアプリごとに実施、Officeは非対応みたいです。
なおMacはOSレベルで行うので、問題なし。
グラフィック関連でmacが使われる理由が、なんとなくわかるような。

そして最後に
161217_BenQ18.jpg
総括、SW2700PTはすべて満たしてますよ!ってお話でした。
いや~、非常に勉強になりました。

なんと本社の方もプレゼン!

161217_BenQ19.jpg
台湾からお偉いさんが。
なんと英語でプレゼン、もちろん通訳アリですが(^^
でも、簡単な英語でプレゼンしてくれていたので、何とかなりそうな感じでしたが。

161217_BenQ20.jpg
いろいろ、プレゼン内容があったのですが、ここまでと被る話が多いので、抜粋すると、今回SW2700PTを作るうえで、事前に調査を実施。

161217_BenQ21.jpg
そして、上位に上がった項目を中心に開発を行ったそうです。

161217_BenQ22.jpg
カラーマネージメントの話で、数値で見るとどうかという話ですが。
DeltaEという値が、重要だそうす。
この数値の説明がなかったので、あとで質問したのですが、このEが2を切ると専門家でないと色の違いが判別不可、1を切ると人間では判別不可という基準らしいです。

161217_BenQ23.jpg
そしてSW2700PTでは、AveでE<2を実現、WorstのMaxでもE<4となっているようです。

そしてそして

161217_BenQ24.jpg
最後は、エアロプレインののりおさんがプレゼン。
長くなったので、ごめんなさい割愛します。

Blogの記事にも挙がっているので、こちら参照w
僕がカラーマネジメントディスプレイSW2700PTをレビュー後に購入したその理由

というわけで、あとはフォトウォークとその後の話。
そしてそして、今まさに目の前にあるSW2700PTの第2回Reviewをせねば。
関連記事

[ 2016/12/17 ] | デジモノネタ | CM(0) | TB(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tfstdio.blog85.fc2.com/tb.php/453-d33ac887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twietter

ブロとも申請フォーム
プロフィール

T/F

Author:T/F
何かを作るという楽しみ、喜び。
そんなことを伝えていきたいと思います。

基本的にはデジタルガジェットネタと、気になった科学技術のニュースネタで更新します。

QRコード

QR

ブログ内検索

おすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。