We are creating it!

PCネタ、スマホネタ、デジモノネタ・・・色々やります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

BenQのカラーマネージメントディスプレイを体験しての感想

161225_sw2700pt_00.jpg
更新遅くて本当にすみません、BenQさん。
というわけで、レビュー用にBenQさんからお借りしているSW2700PTを使った感想です。

開封は前にやっているので、そちらを参考に。
前回は、ダイニングにあるテーブルに置いて、いろいろやっていたのですが、今回PCデスクに置く場所を作ったので、普段使っているディスプレイと比較しました。
そして、前回Blogでも書いた通り、Windowsってアプリによって、カラーマネジメントできていないらしいので、今回はすべてLightroomで見ています。

正しく表示させるためにちゃんと準備しましょう

161225_sw2700pt_01.jpg
PC上で正しく表示させるため、ちゃんとICCファイルを読み込ませます。
ファイルは、付属のCDのDriver→SW2700_**ってとこに入っています。
何やらWindows10用のものがありましたので、そちらを使いました。

161225_sw2700pt_02.jpg
設定方法は、デスクトップで右クリックして、「ディスプレイ設定」

161225_sw2700pt_03.jpg
そこから、ディスプレイの詳細設定に入って。

161225_sw2700pt_04.jpg
色の管理。

161225_sw2700pt_05.jpg
BenQのディスプレイを選択して、ただしいicmファイルが指定されていればOK。
SurfaceにMini Displayケーブル経由で接続したら、自動で入っていました。
前回これをやらなかったので、正しく表示できていなかったか?と思っていましたが、大丈夫らしい。
なので、Lightroomで見ていたものは正しかったと。

もし、設定されていない場合は、ファイルを適応しましょう。
私も、念のため、CDに入っていたほうを適応しておきました。

普段使っているEIZOのディスプレイと比較してみる

161225_sw2700pt_06.jpg
普段は、EIZPのFORIS HDというPCディスプレイというか、TVも見れる27インチのPCディスプレイを使っています。
しかし、このディスプレイ、EIZOもなかったことにしたいのか、生産終了モデルに出てこないんですよね・・・

まぁ、その話は置いときまして、上がEIZOのディスプレイで表示したものを、写真撮ったものですw
もはや、何のこっちゃ・・・

そして
161225_sw2700pt_07.jpg
こちらがBenQのSW2700。
写真だと違いが判らないですかね・・・
実物見ると、確かに違いは感じます、さすが背景の水草のグラデーションがSW200PTのほうがきれいに出ています。

161225_sw2700pt_08.jpg
これがもとのデータ。

これまで見ていた色とは何だったのか?

161225_sw2700pt_09.jpg
続いて、こちら。EIZOで表示。
かわいい~

161225_sw2700pt_10.jpg
こちらがBenQ SW200PT。
写真が曲がっているのはご愛敬・・・

これだと写真差が出ていますが、コントラストがSW200PTのほうがしっかり出ています。
正直、EIZOで見ていたら、ちょっとコントラスト上げとくか、って思ってしまう・・・・

161225_sw2700pt_11.jpg
こちらが元ファイル。

正しい赤はどっち!?
161225_sw2700pt_12.jpg
こちらEIZO

161225_sw2700pt_13.jpg
こちらBenQ SW200PT

色が全然違う・・・
どうやらEIZOのディスプレイは、彩度高めに出るようだ。

なので、彩度低めてみると、同じような見え方になりました。

161225_sw2700pt_17.jpg
こちら元データ。

161225_sw2700pt_16.jpg
こちら、見た目が同じようになるように調整したデータ。

色かぶり?
161225_sw2700pt_14.jpg
一番びっくりしたのが、このイグアナ。
EIZOで表示、全体的に赤みおびており、色かぶってるのかな?って印象。
ちょっと修正しようかと思ってしまう。

161225_sw2700pt_15.jpg
これをBenQ SW2700PTで表示するとこんな感じ。
これなら、修正いらない・・・

161225_sw2700pt_18.jpg
元ファイルはこんな感じです。

もう一台Dellのディスプレイもあるのですが、それで表示しても赤みが、というか緑が出てない印象かな。
ここまでくると、どれが正しいのか、私の目では判断できません。
しかし、工場出荷時に正しくカラーマネジメントされている、BenQ SW200PTが正しいはず。
正しい物差しを持っておかないと、写真の修整をするのは怖い、ということがよくわかりました。

そういえば、イベントの時も、写真の審査で見る写真は、あからさまに彩度あげすぎってのが来るそうです。
お互い、正しい色が表示されるようにしておかないと、大変なことになるぞ、というお話でした。

それでは。
関連記事

[ 2016/12/25 ] | デジモノネタ | CM(0) | TB(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tfstdio.blog85.fc2.com/tb.php/454-b00c6692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twietter

ブロとも申請フォーム
プロフィール

T/F

Author:T/F
何かを作るという楽しみ、喜び。
そんなことを伝えていきたいと思います。

基本的にはデジタルガジェットネタと、気になった科学技術のニュースネタで更新します。

QRコード

QR

ブログ内検索

おすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。